創造力と情熱で、新しいヘルスケアを創る - HealthTech|MSD

JPEN

MSDアクセラレーションプログラムとは

125年の歴史を持つ米製薬大手の日本法人「MSD」による、ヘルスケア業開発のスタートアップ企業向けビジネス開発支援プログラムです。

MSDアクセラレーションプログラムでは、高齢化や医療費の増大など、今後直面する医療課題の解決をはじめ、患者さんの生活の質のさらなる向上など、さまざまな医療貢献に繋がるサービスやソリューションの創出を見込み、スタートアップ企業のビジネス開発を支援します。

ヘルステックとは

ヘルステックとは

昨今高齢化が進展し、社会保障費などの増大が大きな社会課題となっています。

「ヘルステック」とは、ITを駆使した革新的なヘルスケアサービス領域のことを指します。

スタートアップ企業のヘルスケア業界へのさらなる進出は、 医療課題の解決や患者のクオリティ・オブ・ライフの向上が期待され、経済産業省や厚生労働省なども積極的に支援しています。

「ヘルステック」プログラムでは、スタートアップ企業が業界で成長しバリューを提供できるようになるために必要な、ヘルスケア業界の専門的知識、規制に対する正しい理解、 医師や医療機関へのコンタクトチャネルおよび資金調達のノウハウなどの提供を行ない、医療への貢献を目指します。

プログラムの流れ

エントリー企業の中から、審査を経て、最終的に3~5社を選定します。
選定企業を支援するメンターとのキックオフの後に、課題や各テーマなどについて2~3ヶ月間でメンタリングを実施。
その後、デモストレーションの機会(デモデー)で、進捗や成果について発表します。

プログラムの流れ

第1期 MSD×GCP

第1期 MSD×GCPの取り組みを詳しく見る